スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱負、継続と視点。

抱負 …心中に抱きもっている計画や決意。
目標 …目じるし。目的を達成するに設けた、めあて。


「抱負」と「目標」の意味について、広辞苑で調べてみました。
同義なのかなと思っていましたが、全然違っていて焦りました。
それと共に「違っていてよかった」とも思いました。

なぜかというと、今年は目標を立てたくないからです。
安心して「新年の抱負」を書くことが出来ます。
目標を立てたり持つと、それを支えに頑張ったりすることが出来ます。
そして達成した際には、かけがえのない喜びが手に入ります。

ですが世の中には目標を掲げずにいる人もいます。
例えば「営業目標を掲げない会社」が最たる例です。
これは、これまでの自分の人生とは正反対のものです。
目標を持たない、そう考えるきっかけが昨年ありました。
そのきっかけを整理して、抱負をまとめようと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

2013 あけましておめでとうございます

2013.jpg


2013年となりました。
あけましておめでとうございます!

昨年は就職活動があり、なんとか第一志望で決めることができました。
就職率が低いために大学受験以上の不安とプレッシャーがありました。
ですが、そこから得るものが多いのなんのって。
改めて自分の弱さや未熟さを思い知り、以前より謙虚なっています(笑)

1年前に「辰年は毎年景気が良くなる年」と書きましたが、政権交代の影響あってか株価が上がりましたね。
続いて巳年とくれば、なんだかお金に縁がありそうです。
好景気になって、みんながハッピーになればいいですね!
もうすぐ社会人の私は特に頑張らなければなりません。

パルクールの利他を、大切にしたい理由。

そもそもなぜ、私が利他パルクールについて書こうと思ったのか。
それは現在行っている、就職活動が起因しています。
就活に際して、著名な経営者の著作を手に取ったからです。

パナソニック創始者、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏。
伊那食品工業、「戦わない経営」の塚越寛氏。
日本理化学興業株式会社、社員の7割が障害者であり、雇用を続ける大山康弘氏。

これらの企業は経営よりも社員やそれを取り巻く人の幸福を第一としています。
これは私が掲げるパルクールでの目標と合致しています。

そして就職活動中の自己分析を通して、その考えが確固たるものになりました。

続きを読む

簡単に出来る、利他パルクール。 服装編

簡単に出来る、利他パルクール スポット編の続編です。
こちらも同様に利他の対象となるのは、「地域の人」と「公共の場」です。
このことを踏まえて、読んでください。

まずパルクール時の服装について、単刀直入に聞きます。
 ・身の丈にあった服装で、黒い髪のトレーサー
 ・ダボダボのスウェットで、髪を染めたトレーサー


どちらが、まともに見えるでしょうか。
いうまでもなく前者です。
前者なら「あの人、なんか変なことしてる」程度でパルクールは目に映ります。

しかし後者なら「ヤンキーが集まってはしゃいでいる」と映るはず。
パルクールを知らない地域の子供や大人には、絶対にそう見られているはずです。

続きを読む

簡単に出来る、利他パルクール。 スポット編

いくつか利他とパルクールの関係について述べました。
それらはどれも性格や思考、人間の内面的なことを取り上げました。

ですが、肝心の利他を行動に移すことについて述べていません。
今までの流れからすれば、練習会で初心者指導を充実させることでしょうか。

私が考える簡単な、パルクールでの実践的利他は2つあります。
 ・パルクールを行うスポット
 ・パルクール時の服装


今回はまず、パルクールを行うスポットについて述べます。

続きを読む

パルクールにおける実践者と初心者の意識のずれ。

「ごちゃごちゃ言わずにパルクールしようぜ」
ディスカッションを行う上で、私が理解できない言葉です。

これでは議論が飛躍し過ぎて、結果論になっています。
物事を行うことで大切なことは、結果ではなく過程です。
売上がいい会社があったとしても、ブラック企業では就職したくありません。

学校の部活は年度が変わるごとに、上級生が卒業していきます。
次に、新入生指導のために練習の質を落とします。
これは既存の練習では新入生がついていけないからです。

パルクールはどうでしょうか。
年度が変わるごとに、初心者が増えていく一方です。
そんな初心者に「パルクールしようぜ」で済ませて良いのでしょうか。

続きを読む

批判と否定は、何が違うのか。

「ネットは批判されるのが怖い」という使い方はします。
ですが、「ネットは否定されるのが怖い」とは聞きません。
批判と否定は、似て非なるものです。

・批判 …物事の真偽や善悪を批評し判定すること。*
・否定 …そうでないと打ち消すこと。認めないこと。*


批判と否定、なぜか社会人になると否定はタブーになります。
就活の面接やグループディスカッションで、他人の意見を否定するとほぼ100%落とされます。

それはなぜか、協調性がないと判断されるからです。
字の如く、ディスカッション(議論)とは物事の真偽を判定する場です。
つまり「批判」をしなければなりません。
ですから、そこで「違う、あり得ない」と否定をしてしまっては筋違いなのです。

続きを読む

パルクールは、利己なのか。

パルクールが利己、利他のどちらなのか。

利己 …自分一人だけの利益を計ること。*
利他 …自分を犠牲にして他人に利益を与えること。他人の幸福を願うこと。
*

肉体的・精神的にも豊かになれば利己と考えられます。
スポーツを行ううえでは自分のために、結果を出すことが目的です。

ですが、これは結果論にすぎないと思います。
その成功や結果に至るまでに、必ず利他を経由すると思います。
私はパルクールは、他のスポーツより強い利他があると感じています。

続きを読む

プロフィール

鞍馬

Author:鞍馬
「天竜よろず屋」代表。
鞍馬のプロフィールはここ!

ホームページ
こちらからホームページに行けます。

連絡先:
tenryu_4628@yahoo.co.jp

FC2カウンター
Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
全国Pakour/Freerunningマップ

より大きな地図で 全国Pakour/Freerunningマップ を表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.new {color:red; font-weight:bolder;}